主な出港地

珊瑚礁の散骨場所の選び方

 海洋葬は、葬送葬方法のひとつとして近年定着し、お墓への納骨に次いで多くの方々が選ばれるようになりました。一方、長年多くの施主さまと接してきて「海ならどこでも良い」という方は少ないと感じでいます。多くの方から「想い出の海」というキーワードが出てきます。例えば、周りに何も目印のない無い太平洋の沖合で散骨しても座標はGPSで計測出来ますから、故人さまをお見送りしたポイントは分かります。散骨した後で「そこはどこ?」と思った時に、海を眺めても全くどこの方向だったか分からないという事になってしまわないよう、後々お墓参り代わりに、海岸から「あの辺だったね」と分かればより身近に故人様を偲ぶことが出来ます。このような観点から、珊瑚礁では船で葬送場所に行かなくても故人さまを偲ぶ事ができる散骨場所(横浜、湘南、城ヶ島、横須賀)をお薦めしています。

大切な方を、母なる海が思い出と一緒に優しく包み込む

海洋散骨は、遺骨を自然に帰す自然葬の中でもっともポピュラーな葬送方法です。ご遺体を火葬した後、遺骨をパウダーにし、海にまきます。
日本では墓地埋葬法という法律に基づき、海に遺骨を撒く葬送方法は広く知られていませんでしたが、1991年に厚生省が「墓地埋葬法」の解釈に関して「墓地埋葬法は、遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず、法の対象外である」との見解を発表し、法務省も「節度をもって行われる限り違法性はない」とした為、一般的となりました。


「安全・安心・満足」 をモットーに東京湾での海洋散骨を行っています

海洋散骨を希望なさる理由は

  • 故人が生前海が大好きだった
  • お墓を建てても子孫が途絶えるかも
  • 墓じまいをしたい
  • 子孫にお墓の事で負担をかけたくない
  • カジュアルに明るく故人を見送りたい

等々です。海洋葬が、ご自身やご遺族様が進んで選ぶ葬送の形になる為に、常に「任せて安心・適正な価格・信頼のおける施行」を確立しなければなりません。珊瑚礁(株式会社シー・ドリーム)は、2010年に海洋散骨専門会社として創業し、葬儀業界・旅客船業界両方に従事し、葬儀・船・海の知識に通じたオーナーが運営する安全第一の会社です。東京湾での散骨を中心に、スタッフ全員がプロフェッショナル&ホスピタリティをモットーに、故人様の海での旅立ちを誠心誠意お手伝いさせていただきます。まずはご相談も承っておりますので お気軽にお問合せ下さい。

株式会社シー・ドリーム
代表取締役 今井 健夫

2024年合同散骨開催日

每月第4土曜日に合同散骨を行います。
2024年 出航予定日
6月22日(土)・7月27日(土)・8月24日(土)・9月28日(土)・10月26日(土)・11月23日(土)・12月28日(土)

Owner's Blog


珊瑚礁の日々のブログです。

1チャンスをものにした散骨式

昨日は、アメリカからわざわざ日本に来て散骨をするお […]

明日は大人数の散骨式実施

明日は、アメリカからお越しの方の大人数の散骨式を実 […]

連日お預かりからの粉骨

ここのところ、連日故人様のお預かりに伺い、昨日計1 […]

Voice Of Customer

珊瑚礁をご利用された御葬家様からの感想やお礼の手紙を紹介します。

3月施行のお客様より

今井健夫さま 父〇〇〇の海洋散骨では大変お世話にな […]

お客様からのお礼メール

8月5日は大変お世話になりました。 本日、座標証明 […]

ある日の海洋葬の風景

01
IMG_1133
02
04
03
05
0672
061
071
05
previous arrow
next arrow
01
IMG_1133
02
04
03
05
0672
061
071
05
previous arrow
next arrow