横浜散骨

横浜みなとみらい発【横浜港沖の散骨】

横浜は言わずと知れた観光地です。江戸時代から明治に代わる際の文明開化で諸外国の文明がいち早く入ってきたのが横浜です。日本初の製糖工場が作られ、アイスクリーム発祥の地とも呼ばれていますし、ビールも同じです。近年、みなとみらい21世紀プロジェクトにより、桜木町付近から大幅埋め立てによりみなとみらい地区を作り、計画的に港を作り直し、昔の横浜港とは大きく変貌を遂げてきたことも皆さんの知るところだと思います。ベイブリッジから日本最大の客船「飛鳥」が出航する写真を珊瑚礁のWEBサイトのイメージ写真にしていますが、そこには近代的な建造物と日本人なら誰しもが崇拝する霊峰富士が見える場所からの新たな船出という意味を込めています。

横浜港沖の散骨場所は、内海の内海となっている横浜港から出航し、ベイブリッジをくぐって行った沖合いですが、普段みなとみらいからベイブリッジを墓標代わりに見立てれば、その向こうに必ず故人様がいらっしゃるという人気の散骨場所です。内海の内海ですから外海の波の影響も受けにくい特徴があります。気を付けるのは風だけです。

最後に、インターコンチネンタルホテルの最上部分に「導きの女神」が立っており、散骨する場所方面を見ています。海の底は暗いと思う方がい らっしゃると思いますが、この「導きの女神」が必ず故人様が安らげる場所にお導きになるといつもご遺族にお話しています。

私共の社長がこの会社を作る前に、横浜港での旅客船事業をしている会社に従事していたつてで、横浜港の旅客船が安い費用で使用できるメリットがあり、他海域より散骨費用が抑えられているのも人気の特徴です。


チャータープラン

開催日時

ご希望日に設定する事が出来ます。

出発地

みなとみらい ぷかり桟橋/象の鼻パーク PIA象の鼻

料金

180,000円~380,000円(消費税別)

料金に含まれるものなど詳しくはこちらをご覧ください。