1日の葉山沖、2日の横浜沖の散骨無事に終了しました
2019年6月4日
今年の散骨ご用命が止まらない?
2019年6月15日

奇跡の葉山沖散骨

9日の葉山沖で予定されていた散骨式ですが、奇跡です!
前日から、雨雲がかかっており超微妙なお天気でしたが、ご葬家様が
前日から逗子マリーナにお泊り予定だったので、当日その場で順延でも
かまわないというご意志だったので、施行予定で進みました。
レーダーでは雨雲がかかっているものの雨はまだ降っていない状態が
続いておりましたが、いつ降り出してもおかしくない感じでした。
船の予約の関係で14:30分発でしたが、14時になってもまだ降ってきません。
何とか持って欲しいと念じておりましたが、乗船直前についに雨が!!!
ダメだったか!という思いもありましたが、ここまで来たので
アフトデッキにも屋根が付いている船でしたので強行!
走り出して、色々なお話をしながら航行しておりましたが、私の眼はお客様と
外の景色に集中!
でも、話をしている最中も?????
雨が降っているように見えない???
お式が始まり、いよいよ散骨!
外に出たら、雨が降っていない!!!
天が味方してくれたか!!!
この状態で帰港するまで、全く雨は降らず、お車をお見送りして
さて、帰社しようかと車を出してしばらくしたら雨!!!!
その後、翌日もザーザー降りの雨です。
良く持ってくれたという奇跡の散骨でした。
お客様も本当に喜んでくれて、素晴らしい散骨式でした。