溜まった事務仕事、午前中に処理します
2020年6月8日
日曜日の合同散骨はかなり厳しい状況
2020年6月10日

本日、散骨用と渡米用のご遺骨お預かりに伺いました

本日、日本での散骨とアメリカでの散骨をお考えのお客様宅に
ご遺骨のお預りと打ち合わせを行って参りました。
アメリカでの散骨の分量をどのくらいにするかが決まらず
1時間ほどお話をしながら決めていきました。
結構悩んでの答えでしたね。
お答え通りに、弊社は行うだけですが・・・・・
実際に帰社してから、仕事が詰まっているので今日粉骨を施しましたが
いつもの袋に入るだけ入れておこうと思い、いつも以上に
入れたら、今度は封をする段になって少しいつもと形が
崩れてしまいました。でも大目に入れてあるので数を増やそうと
思えば増やせますので、ベストかもしれません。
本当は来月にでもアメリカで散骨を行いたかったご様子でしたが
コロナのおかげで渡米は来年になってしまうそうです。
確かに今は行けません・・・・
コロナを憎みます。

Home